フェブタズは痛風や 高尿酸血症の治療薬ですよ

フェブタズは痛風や高尿酸血症の治療薬です!!(〃´―`〃)

尿酸を減らす作用がありますよ!!

日本ではフェブリク錠の名前で有名ですよね。(//≧▽≦//)

製造元のサン・ファーマ社は、インドだけでなく世界中に47の製造拠点を持ってるんです!

日本にも法人を設立して事業を展開している大手製薬会社なんですね!!

インドだからって馬鹿に出来ませんよ!!ほんとに世界規模の会社です

痛風とは体の中に尿酸が溜まってしまいます。

それが結晶になって関節などに激しい痛みや腫れを生じさせる病気です。

ほんとに風が吹くだけで痛いというとっても怖い病気ですね。

痛風の発作が起きる前は、まず血液中の尿酸値が高い状態が続きます。

そして血液中の尿酸が関節に溜まると結晶化してしまい、痛風の発作につながります。

この痛風の発作が起こる原因の一つとして、関節に溜まった尿酸を白血球が攻撃しているのではないかと考えられています。

また高尿酸血症の状態が続くと痛風以外にも腎障害や尿路結石を引き起こします。

フェブタズの有効成分フェブキソスタット(Febuxostat)は、尿酸が体内で生成されるのを抑制し、体内の尿酸値を下げる効果が期待できます。また尿中の尿酸値が下がることで、尿路結石を防ぐことが期待できます。

また抗がん剤での治療中に、体内の細胞が急激に崩壊すると一時的に細胞の核酸が分解されて尿酸値が上がることがありますが、その場合に尿酸値を下げる為に使用されることもあります。