スマドラには、ヌーペプト って言うけど・・なんですか?

ヌーペプト??ナンジャラホイ?(σ≧▽≦)σ

(CTD)ヌーペプト(Noopept)はJSC LEKKO Pharmaceuticals製のN-phenylacetyl-L-prolylglycine ethylester のことなんです。

向知性・・記憶力・・認知機能および気分を高めるための物質ということなんです

1996年のロシアの研究者のよって合成され、脳しんとう 脳卒中のような脳損傷後の学習や記憶を改善するための 医薬品として使用されています。思ってたより最近の薬ですね。

しかし証拠は、動物実験としてはたくさんありますが、人間では2例しかありません!!え??そうなん。。

アメリカでは医薬品としても栄養補助食品としても販売は許可されていません。ヌーペプトは、高血圧や特定の他の病状を持っている人は、飲まないでくださいってことです。 まあ・・そうだろうね。納得!

ヌーペプト作用??

動物実験では・・(CTD)ヌーペプト(Noopept)を飲むと脳に到達して天然に存在する 脳ペプチドであるcycloprolylglycineに似ている物質に変換されるようです。え!!っすごい。。

ラットによる実験では、ヌーペプトは感情と 記憶のために重要な脳の一部で ある海馬の神経成長因子を刺激することが示されているだけでなく  前頭葉の損傷後の記憶を向上させました。 ほう!これで頭が良くなるって言われるんですね。。

アルツハイマー病の ラットモデルにおいて ヌーペプトは空間記憶 を改善しアミロイドβペプチドに対する免疫応答を増加させました。 アルツハイマーなネズミねえ・・。

ヌーペプトの安全性!(嬉-ω-人)


臨床試験の一つでは、(CTD)ヌーペプト(Noopept)は58日間摂取した場合 一般的に忍容性が良好でした。 しかし、2人は治療を必要と収縮期血圧の上昇を経験しました。 他の副作用は増加睡眠障害や神経過敏があります。


SC LEKKO Pharmaceuticalsのパッケージ説明にはアレルギー反応が起こることを示し、高血圧の人の血圧の著しい上昇を引き起こす可能性がある。

・・・また、18歳未満は摂取してはいけない。今、高校生、中学生に人気みたいですが・・やっぱ!成長期は、薬系オススメできませんね。何の薬でも同じです。 

もちろん、タバコお酒も 二十歳から!!( ̄∀+ ̄)=3
え??わかってる?そりゃそうだ!

妊娠中や授乳中の女性 腎臓または 肝臓疾患を有する人。 アルコール、刺激効果を有する薬物、または血圧低下薬と一緒に摂取すべきではないと記述されています。

そもそもヌーペプトは合法なん?


現在のところ、アメリカでは、ヌーペプトは医薬品として承認されていませんし 栄養補助食品として販売することも許可されていませんが・・・・購入したり摂取することは規制されていません。

ヌーペプトが健康な人において認知および記憶を改善する証拠はありません。 一般的に許容されると思われますが、その安全性は確立していません。

高血圧の人や血圧降下薬や腎臓または肝臓疾患のある人  または妊娠中または授乳中の女性にとって摂取されるべきものではありません。

こんなところに注意して自己責任で始めてみましょう!!