ウィキペディアで ピラセタム

ウィキペディアってなんでも載ってるのね・・(* ̄▽ ̄*)~゚

・・ってことで拝借しました。。

ピラセタムは 脳機能調整薬ですよ。 認知機能を強化し 脳の老化を防ぐといわれているそうですね。 ピラセタムの化学名は2-オキソ-ピロリドン あるいは 2-オキソ-1-ピロリドンアセトアミドですね。。ピラセタムはGABAの環状誘導体で 数あるラセタム類の一つである。 ピログルタミン酸と同じく2-ピロリドン構造を持つ。 ヨーロッパでは種々の症状に対して処方される。商標名Nootropil、Myocalm。

(*´ω`)さすがウィッ木さんわっかりやすい!

ピラセタムの効果とは??ズバリ!(゚∀゚*)エヘヘ


ピラセタムに関する論文 についてのいくつかの メタレビューでピラセタムは 失読症児童の認知に関する 作業課題の成績を向上させることを示唆しているそうです。。 

これは大脳左右半球の情報 の伝わり方が改善され認知機能 全般が向上したことを表すものです。 失読症を引き起こした特定の原因が改善されたというわけではない。 ピラセタムは低酸素症 や大量の飲酒など、様々な原因による脳の損傷を防ぐようですね!!

ピラセタムは大規模な数の臨床実験で使われており、 脳梗塞後の失語症や、 てんかん、脳、心臓の術後に伴う 認知機能の減退・痴呆・ミオクローヌス によい結果をもたらしたんだとか・・。 研究者の中には、ピラセタムがどう作用しているかを理解することは、 大脳の左右半球の情報伝達の役割の 解明につながると考えているものもいる。

え?ピラセタムちゃん めっちゃすごいじゃん!(〃^¬^〃)

ピラセタムの作用はわかっていないんだで!


脳の一部において血流量と酸素消費を増大 させることは知られている。

ピラセタムは 脳梁を介した大脳の左右半球の情報の移動を促進します。 記憶の処理に関係があるとされるムスカリン性アセチルコリン受容体における 神経伝達物質アセチルコリンの機能を 向上させている可能性がある。  さらーに、ピラセタムは記憶と学習に関係する NMDAグルタミン酸 受容体に対する効果も持っているという。 ピラセタムは細胞の膜流動性を向上させると考えられている。  最後に、ピラセタムはイオンチャンネル(Ca2+, K+)の調節 による脳の神経伝達に 広範囲に影響を及ぼしている可能性もあるそうです。


ん?何やら 難しくなってきたね。だけど・・すごいぞピラセタム(へ。へ)ζ

ピラセタムの歴史でGO!!(*´艸`)


ピラセタムは1964年に ベルギーの製薬会社UCBの Giurgea博士によって初めて合成されたんだよ。この薬は最初のいわゆるヌートロピクス (スマートドラッグあるいは認知改善薬)と呼ばれる。 つまり その称するところによれば、精神機能をいっそう強化する物質という意味である。 ヌートロピクという言葉はGiurgea博士 によって初めて作られた。 ヌートロピルは1970年初頭にUCBが臨床分野に参入して以来、ヨーロッパにおける重要な製品となっているんですね。

ピラセタムが最初のスマドラなんだね!うん!勉強!(⌒杰⌒)

もうちょい詳しく!ピラセタムちゃん


ピラセタム(Nootropill)800mgは ヨーロッパでひろーっく使われているそうです。 ほかの処方箋薬と同じく ピラセタムを処方箋なしで 個人的な用途でイギリスに輸入することは 法律で認められているそうですね。。 ピラセタムはアメリカでは規制されていないんですね。意外にうるさいアメリカでもOKなんですね。。 学生の間では知的能力を高める薬として有名であり、 学生はしばしばバルクで粉を購入し、 味をごまかすためオレンジジュースと一緒に飲む。  ピラセタムに関するよい事例データは あるが、 健常者に対する認知機能改善に関しては検証されていない。 小児期自閉症のために投与する親もいるが、そのような効果を裏付ける結果は 出ていないそうです。

ピラセタムは血液凝固 血管けいれん性疾患・深部静脈血栓症に対する長期的治療 に有効ですよ。 ピラセタムはきわめて安全な抗血栓薬で、 血液細胞の変形能を増大させたり、 血小板凝集を阻害させる新しい種類の機序で作用するぞ。

従来の抗血栓薬は ピラセタム(Nootropill)800mgとは 別の作用機序で凝固因子を阻害するため ピラセタムとともに投与すると 従来のワルファリンによる抗凝固療法 を安全に効果的によく補完できるんだそうです。

うんなんだか・・ピラセタム!とってもいい薬なんだね。スマドラっていうと悪いイメージがあるけど・・普通にヨーロッパじゃ使ってるんですね。