デュタボルブ がプロペシアより絶対に良いという理由

薄毛が進行する原因は、睾丸(* ̄▽ ̄*)~゚

・・・そこに あるのが 憎き テストステロン(男性ホルモン)と

毛根にある酵素の5αリダクターゼが出会うことで・・

DHT(ジヒドロテストステロン)になっちゃうんですね。

変なところで出会ったもので 相当な悪さをするわけなんですね。

髪の毛が成長するには、毛母細胞などから指令を受ける必要があり

毛根は成長期と退行期、休止期のヘアサイクルを繰り返します。

成長期は数か月から5年程度続くことが一般的なんですけど・・

DHTが増えるとヘアサイクルが乱されて短い期間で成長期が終わってしまいます。

この影響で髪の毛が細くなったり、短いままで抜けてしまうんですね!

うん!たしかに・・近所のお父さん日増しに毛が細くなってる・・(*^皿^*)ぽっ…

デュタボルブがプロペより良い訳を・・教えてちょ!


デュタボルブの有効成分であるデュタステリドには、DHTの生成を妨げる作用があるので

薄毛の進行を止めることが可能になります。

そうですね。DHTを抑えることによって薄毛を進行させなければ良いんですね。

デュタステリドの効果で、DHTの生成量を減らすことができると

ヘアサイクルを通常に戻すことが可能になり、成長期を長くして髪の毛を育てることにつながります。

プロペシアに含まれているフィナステリドにも、DHTを減らす効果があります。

しかし、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在しており、フィナステリドはⅡ型にしか作用しません。

一方で、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の双方の働きを妨げる効果があるので、

フィナステリドよりも強い薄毛治療の効力が見込まれています。

だから・・デュタボルブが人気なんだね!!!

海外で行われている臨床試験の結果でも、フィナステリドの服用者よりもデュタステリドの服用者のほうが、

50%多い割合で抜け毛を改善したというデータがあります。

デュタボルブをクリックしてオオサカ堂を見ましょうね